[一般]書籍「必携 インターネット広告 ~プロが押さえておきたい新常識」

JIAAの設立20周年記念出版として、書籍「必携 インターネット広告 ~プロが押さえておきたい新常識」が(株)インプレスより10月10日に刊行されました。本書はJIAAが、業界団体の立場からインターネット広告の「現在地」を描き出すことで、インターネット広告の価値の「本質」をあぶり出し、未来を展望するものです。

さらに見る

[一般]インターネット広告掲載に関するガイドライン集/基本実務・用語集

JIAAでは、これまで別々に発行してきた「インターネット広告掲載に関するガイドライン集」「インターネット広告の基本実務(およびインターネット広告基礎用語集)」を合本し、「インターネット広告掲載に関するガイドライン集/基本実務・用語集 2019年度版」として発行します。

さらに見る

広告掲載先の品質確保に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン)(2019年4月制定)

現在のインターネット広告市場は運用型広告が成長を牽引し、さまざまなサイトを訪れるオーディエンスへ効率よく訴求することが可能となりました。一方で、海賊版サイトへの広告掲載に端を発した広告掲載先の品質や広告を掲載する広告主ブランドの安全性(ブランドセーフティ)が新たな課題となっております。

さらに見る

JIAA、ネイティブ広告の効果を実証

一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(所在地:東京都中央区、理事長:髙田佳夫、略称:JIAA)は、「ネイティブ広告におけるメディアの価値検証調査」を実施し、メディア+広告枠+広告コンテンツで形成されるネイティブ広告は、「ブランドリフト効果」「コンテンツへの興味喚起・誘導効果」「ブランドイメージ醸成効果」が得られると実証されましたので、その結果をお知らせいたします。

さらに見る

2018 インタラクティブ広告に関する懸賞論文 ~ 受賞論文発表 ~

JIAAは、「インタラクティブ広告に関する懸賞論文」の募集を行い、応募された中から受賞論文を決定しました。応募された46編は、インタラクティブ広告のメディア、広告、マーケティングに携わるJIAA会員が、日々の業務の中で課題や問題意識、対応策や将来像を独自に考察したもので、その中から「最優秀賞」1編、「優秀賞」に一般部門と新人部門からそれぞれ1編、「特別賞」に2編を選定しました。

さらに見る

広告掲載先コントロールによる「ブランドセーフティ」確保に関するJIAAステートメント

現在のインターネット広告市場は運用型広告が成長を牽引し、さまざまなサイトを訪れるオーディエンスへ効率よく訴求することが優先された反面、「ブランドセーフティ」(広告掲載先の品質確保による広告主ブランドの安全性)が新たな課題として浮かび上がってきました。

さらに見る

アドフラウドに対するJIAAステートメント

近年、広告費を欺瞞的に詐取することを目的とした不正なサイトやページが存在することが明らかになりつつあります。その運営主体として、小遣い稼ぎ目的の一個人から、反社会的勢力との関連が疑われるような国内外の悪質事業者まで、様々なプレイヤーの介在が疑われています。

さらに見る