2021.04.21

取引品質向上委員会では、2017年8月に発表した「アドフラウドに対するJIAAステートメント 」や同年12月に発表した「広告掲載先コントロールによる「ブランドセーフティ」確保に関するJIAAステートメント 」をより実効的な施策とすべく、2019年4月に「広告掲載先の品質に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン) 」を制定するなど広告取引の品質向上を目指し活動をしております。

このたび、広告配信における無効なトラフィック(IVT)を排除し、取引の信頼性を確保するための標準的な原則や実施すべき具体的な対策をまとめた「広告トラフィックの品質確保に関するガイドライン(無効トラフィック対策ガイドライン)」を制定いたしました。取引の信頼性を確保するとともに、不正な第三者への広告費の流出を防ぐために、本ガイドラインの積極的な活用を推奨いたします。

広告トラフィックの品質確保に関するガイドライン(無効トラフィック対策ガイドライン)