JIAA 20周年記念シンポジウム ~インターネット広告の次の20年に向け、トップリーダー達の描く未来~(終了)

一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)は、インターネット広告の健全な発展に向けたビジネス環境整備を目的として、1999(平成11)年5月に発足し、今年で設立20周年を迎えることとなりました。この節目の年を記念し、「JIAA 20周年記念シンポジウム」を2019年11月27日に開催いたしました。

さらに見る

書籍「必携 インターネット広告 ~プロが押さえておきたい新常識」

JIAAの設立20周年を記念して、書籍「必携 インターネット広告 ~プロが押さえておきたい新常識」が(株)インプレスより10月10日に刊行されました。本書はJIAAが、業界団体の立場からインターネット広告の「現在地」を描き出すことで、インターネット広告の価値の「本質」をあぶり出し、未来を展望するものです。

さらに見る

「海賊版サイトへの広告出稿抑制に関する合同会議」を設置

この度、CODA、JAA、JAAA、JIAAの4団体は、政府の知的財産戦略本部の下に設置された「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議」において議論された総合的な対策のうち、「海賊版サイトへの広告出稿の抑制」に関し、関係者が連携して直ちに取り掛かることになったことを受けて、「海賊版サイトへの広告出稿抑制に関する合同会議」を新たに設置しました。

さらに見る

悪質性の高いインターネット広告への対応策強化について

化粧品やいわゆる健康食品等のインターネット広告で、効能・効果を期待させるような広告表現によって消費者を誘い、リンク先のページで不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)や医薬品医療機器等法(薬機法)等の関係法令で禁止されている虚偽・誇大表示に該当するおそれのある広告表現を多用し、商品販売サイトに不当に誘引しているものが後を絶ちません。

さらに見る

広告掲載先の品質確保に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン)(2019年4月制定)

現在のインターネット広告市場は運用型広告が成長を牽引し、さまざまなサイトを訪れるオーディエンスへ効率よく訴求することが可能となりました。一方で、海賊版サイトへの広告掲載に端を発した広告掲載先の品質や広告を掲載する広告主ブランドの安全性(ブランドセーフティ)が新たな課題となっております。

さらに見る

海賊版サイトへの対応策強化について(3団体)

インターネット上に、映像、音楽、出版物などの著作権を侵害する違法コピーを掲載する海賊版サイトや、それらの侵害コンテンツへの誘導を目的とするいわゆるリーチサイトが存在している現状があります。そのような違法・不当サイトが広告を掲載し、その広告費収入が運営の資金源になっていると指摘されています。

さらに見る

JIAAにおける海賊版サイトへの広告掲載に関する対応について

当協会は、昨今、社会問題となっている海賊版サイトが、インターネット広告による広告費収入を資金源に運営されていることに対し、早急に対策を強化する必要があると考え、広告関係団体及び権利者団体と連携し、一層の取り組み強化を推進しているところです。

さらに見る