2021 年インターネット広告に関するユーザー意識調査「定量調査」の結果と課題への取り組み

JIAAは、「インターネット広告に関するユーザー意識調査」を2019年から毎年継続して実施し、活動の根拠の一つとしています。2021年のインターネット広告に関するユーザー意識調査「定量調査」(インターネットアンケート調査)で得られた結果と、再認識した課題を踏まえたJIAAの取り組みをまとめました。

さらに見る

2020年インターネット広告に関するユーザー意識調査 「定性調査」の結果を発表

JIAAは、全国5000人を対象に行った「2019年インターネット広告に関するユーザー意識調査(定量)」の結果から導き出された仮説をもとに、定量調査では把握できなかったユーザーのインターネット広告に対する繊細で複雑な意識を定性的に確認し、課題の改善に向けた施策の方向性を定める目的で調査を実施しましたので、その結果をお知らせします。

さらに見る

インターネット広告に関するユーザー意識調査結果を発表

JIAAは、ユーザーがインターネット広告に感じている率直な意識、並びに、現在業界が進めている各施策の有用性や今後の取り組みの方向性を把握するための調査を企画・実施しましたので、その結果をお知らせします。本調査では、ユーザーの「インターネットメディア・広告への意識」、「情報取得活用への意識」、「業界が取り組んでいる各施策への意識」、「広告への期待」を確認しました。

さらに見る