JIAAにおける海賊版サイトへの広告掲載に関する対応について

当協会は、昨今、社会問題となっている海賊版サイトが、インターネット広告による広告費収入を資金源に運営されていることに対し、早急に対策を強化する必要があると考え、広告関係団体及び権利者団体と連携し、一層の取り組み強化を推進しているところです。

さらに見る

IABとJIAAがIAB Japan (JIAA) の発足を発表

JIAAは、IAB(Interactive Advertising Bureau)と正式に提携したことを2017年1月31日(米国時間)付で発表しました。JIAAは、IABのライセンスを取得した43カ国目の組織となり、グローバルネットワークにおいてはIAB Japan (JIAA) と称することになります。今後改めてIABと密に連携しつつ、共通の目標の達成、グローバルな基準およびガイドラインの利用促進、より良い広告の開発、消費者体験の向上、そして日本市場における産業の発展と信頼の確保に努めて参ります。

さらに見る

JIAA、一般社団法人日本インタラクティブ広告協会に名称を変更 新たな組織体制で平成27年度の事業活動を推進

JIAAは、6月4日に青山ダイヤモンドホール(東京都港区)において「平成27年度定時社員総会」を開催し、団体名称を一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(英文名称:Japan Interactive Advertising Association) と変更いたしました。

さらに見る

行動ターゲティング広告に共通のアイコンを表示する「JIAAインフォメーションアイコンプログラム」の認定を開始

JIAAは、インターネットユーザーのウェブ閲覧などの行動履歴等の情報(インフォマティブデータ)を利用して広告を表示する「行動ターゲティング広告」に共通のアイコンを設置して、情報の取り扱いやオプトアウトの手段をユーザーに知らせる「JIAAインフォメーションアイコンプログラム」の認定を2014年12月より開始しました。

さらに見る

「プライバシーポリシー作成のためのガイドライン」と「行動ターゲティング広告ガイドライン」を改定

JIAAは、インターネット広告において取得・利用されるユーザー情報の取り扱いに関する事業者向けの指針である「プライバシーポリシー作成のためのガイドライン」と「行動ターゲティング広告ガイドライン」を改定し、公表しました。

さらに見る